極上の白焼きとあなごの釜炊き飯

他人吉では、迷わず白焼きと冷酒で決まり。

さて定番の穴子の白焼き。一皿一匹を焼いてご準備しております。
この白焼きは純米吟醸か、冷えたシャルドネやおすすめのブルゴーニュルージュを。岩塩と山葵が好い相性です。
 
「ヒマラヤの大粒岩塩をガリ、穴子の脂の旨みが口に広がり、そこに吟醸酒をごくりと流し込む、最高です。」


他人吉(たにきち)の営業案内とお料理

他人吉には、「瀬戸の恵みを味わう月毎のコース料理」「穴子尽くしコース料理」「穴子飯メインの御膳料理」がございます。

 
他人吉の営業案内
定休日 火曜日、水曜日
営業時間  昼餉 AM 11時~PM 2時30分(ラストオーダー)
      夕餉 PM   5時~PM 9時30分(ラストオーダー)
     ※夕餉は金曜日、土曜日、日曜日のみ営業
 
お料理
◆月毎のコース料理
※金曜日、土曜日、日曜日 昼・夕限定
瀬戸の幸をお楽しみ頂くコースです。穴子の釜炊き飯で締めくくります。
(4500円、5500円、6500円、8500円各税別)
 
◆穴子尽くしコース
※金曜日、土曜日、日曜日 昼・夕限定
穴子飯に穴子の白焼きや煮物などを添えたミニコースでございます。
(4000円税別)
 
◆他人吉穴子飯御膳
※月曜日、木曜日 昼限定
穴子飯と穴子の西京漬けを添えた酢物、特上白焼きを二切れにアイスをつけて御膳に致しました。
(穴子飯 小サイズ 2300円税別)
(穴子飯普通サイズ 2600円税別) 
(穴子飯特上サイズ 2900円税別)
 
 

他人吉はあらかじめご予約頂けますので、お待ち頂くことなくゆっくりお食事をお楽しみ頂けます。また、当日ご予約のないお客様にも対応しております。

 
 

 
 
 
 
  

 

月毎のコース料理 献立

 金曜日、土曜日、日曜日 昼・夕限定
 

献立は5500円のものです。4500円はお肉が省かれます。6500円はお刺身がよくなります。8500円は更に焼き物の質があがります。〆の「穴子の釜炊き飯」ですが、穴子が苦手なお方にはお取替えのお仕度を致します。

食前酒は、

桃酒カクテル

先付は、

枝豆豆腐(鱧、湯葉、オクラ、柚子

定番熱々は、

地鶏南蛮仕立て(白葱、ゴーヤ、胡麻)、貝柱と湿地のソテー(玉蜀黍、ブロッコリー)

お造りは、

季節の魚介を盛り合わせ

お肉の皿は、

サーロイン炙り(独活、万願寺唐辛子、クレソン、マスタードソース)

煮物は、

穴子柔らか煮(冬瓜、大根、茄子、南瓜、インゲン、木の芽)

焼き物は、

伊佐木たで味噌焼(丸十、茗荷)

酢の物は、

サーモンと夏野菜のサラダ(青瓜、ズッキーニ、茎芋、トマト、ルッコラ、ジュレ酢)

御飯は、

定番の穴子釜飯

最後にアイスクリームを

料理は経験豊富な当地出身の安井料理長。やさしい味を堪能頂けます。